起業してお金を稼ぐと決めた理由、そして理念

こんにちは。
加藤寛敬です。

サラリーマン生活を2年した後に起業しました。
24歳の時でした。
かれこれ13年前の話です。

起業して自分でお金を稼ぐと決意してから
色々とスモールビジネスをやってきました。

・便利屋
・中古車アフリカ輸出
・中古自転車カンボジア輸出
・e-bay輸入転売
・中国輸入転売
・サイトアフィリエイト
・出張買取リサイクルショップ←今

 

今は出張買取リサイクルショップをしています。

この13年円間で言えば、3億円ほど売上げてきました。

利益率で言うと仕事によってまちまちなので
良い時もあればそうでない時もありました。

それでも個人で稼ぐには十分の金額を稼いできました。

 

出張買取リサイクルショップは起業して5年目で
これまでに1億5千万円ほどのお金を売上げベースで稼ぐことが出来ました。

粗利率80%なので今までのビジネスに比べると
ずば抜けて利益は残ります。

最近はぼくと同じように出張買取リサイクルショップで
起業したい方たちへ起業支援というかコンサルティング業務もしています。

 

簡単にこれまでの事を箇条書きにすると・・・

  • 手作りのチラシに掛かった印刷コスト1万円のみで便利屋で起業独立
  • 起業後わずか3か月で30万円を稼ぐ
  • 5カ月後には利益で70万円を稼ぐ
  • 本を読みまくってた時期に世界経済に興味を持ち始める
  • 何も知識が無いのに中古車輸出をする
  • 世界30か国くらいのバイヤーさんと取引する
  • 世界を相手に年商5,000万円売上げる
  • 6カ月目で100万円の営業利益を上げる
  • カンボジアに行って飛び込み営業で中古自転車を買ってくれる自転車屋を見つけた
  • 中古自転車を集めて40フィートコンテナに400台ほどの自転車を詰めて送る
  • 輸出と同時に輸入を始める
  • 中国深センに行き直接買い付けしたり、e-bay輸入も始める
  • マーケティングの重要性に気づきアフィリエイトを始める
  • サイトアフィリエイト開始4か月で確定報酬30万円
  • ファンドで650万円を溶かして借金生活に突入
  • 毎月50万円返済し2年で立ち直る
  • 再起を掛けて出張買取リサイクルショップを開業
  • 初月営業利益100万円達成
  • 初年度年商3,600万円達成
  • 以後毎年3,4か月稼働していなくても年商3,000万円達成
  • 年に3,4回国内海外旅行に気兼ねなく行ける
  • 自己啓発に毎年数百万円使うことが出来る
  • 美味しいご飯を食べに行く回数が増えた
  • 時間に対して見合うコストを考えられるようになった
  • リスクが少ないビジネスなので継続するのが容易
  • 継続することでマーケティング力、先を見越す力、経営者としての力が強くなる
  • 物事を始める時に戦略的に考えて取り組むことが出来るようになった
  • そして自信も出てきた、コミュニケーション力も少しだけ付いた
  • お金に対する不安が減った
  • 最悪な状況になっても10万円集めれば3か月で立ち直ることが出来ると思っている
  • ちょっと抵抗があることでもやってみると大したことが無いと思えるようになった
  • どんどん挑戦したいし、失敗を恐れず立ち向かう強さが身に付いた
  • 自分を高めることが面白くて仕方ない
  • 新しい世界に行きたいだけ行ける
  • お金を稼ぎながら、日々成長できて、自分の好きなように時間が使える
  • 起業は最高だと思う
  • etc

 

これがぼくが起業して13年間で見てきた世界や世界観です。

 

起業してすぐに70万円ほどを稼げるようになって
起業の楽しさを知り、それからずっと起業の世界で生きています。

さらに今では、大きな金額も稼げるようになって、
楽しみながら、成長を感じながら
ビジネスに取り組むことが出来ています。

 

もちろん、つまづく事もあったけど、
何物にも縛られることが無いので
自分の意思一つで進みたい方向へ進みながら
ここまで来ました。

まさに、色々なビジネスを通して
成長しながら、お金を稼いできた感じです。

そして、起業した事で、広い世界観で生きれるようになりました。

360度人生の幅が広がったような感覚です。

 

ですが、、
起業した当時は何も見えていませんでした。
ほんとに何もです。

昔から才能があったり、ビジネスに詳しかったり
っていうことも全くなかったです。

先だって活躍しているようなメンターや
先輩や友人なども1人もいませんでした。

 

もっと言うと、学力も低かったし、
コミュニケーション能力も低かったし、
何より社会性が全く備わっていませんでした。

 

育った家庭環境は
社会性が身に付くような家庭ではなかったし、
教育という概念の無い環境だったので
何も知らない子供が起業したような感覚です。

 

どんな感じで育ったかと言うと
記憶の中では、、、

小学生の3,4年くらいから人とは
何かが違うとは気が付き始めました。

 

特に夏休み明けは嫌でした。

宿題の自由研究。
友達たちの多くは親と一緒になって研究したものを
提出していたけど、自分は超ショボイ夏休みが終わる直前に
自分で適当に作ったモノを提出していたり。

春休みや冬休みや夏休みが終わると、友達がお土産をくれるのに
自分はどこにも行っていないので渡すお土産がなかったり。

クラス全員女の子も含めて
スーパーファミコンを持っていたけどぼくの家だけ無かったり。

ゲームも無ければ、漫画も無いので
遊ぶとしたら、自分でクワガタを取りに行ったり
適当に庭遊びをするくらいです。

夏休み明けは決まって断トツに焦げたように黒かったです。

よく黒ンボ大賞という
訳のわからない大賞に任命されていました。

 

何かが違ったんです。

 

今思うと、父は極度というか重症な気がするくらい
めんどくさがり屋だし、子供に無関心だったのです。

 

神主の免許を持っているくらい神仏を重んじているので
神社への参拝に日帰りで県外まで行くことは1年に1回くらいありました。

それ以外で、旅行やどこかに連れて行ってもらった記憶は
ディズニーランドに1回行ったくらいです。

おまけに、行ったところで、父は待ち時間に耐えられないので
兄弟だけで遊ぶという始末。

そんな感じで、どこにも行かないので
世界観も見識もとてつもなく狭かったです。

 

習い事なんかも幼少期にお絵描きを習ったのと、
小学校中学校は周りの友達が通っている塾に行ってた程度。

でも、塾なんかに行っても意味がありませんでした。
勉強以前に社会で生きていくための教養や知識が無いのですから。

だからと言って、当然家で勉強を教えてもらうこともなければ
一緒に遊ぶことも無い、会話も本当にない。

情報はテレビと周りの友達のみという環境で育ってきたのです。

 

おまけに、兄弟も仲の悪い時期が長かったので
いつもいつも一番下のぼくは
家族の顔色を伺わなければいけないっていう状況で育ってきました。

信じられないかもしれませんが、
オナラすらためらうような家庭環境です。

こんななので当然、年齢を重ねたところで
仕上がりが良くなるはずがありません。

 

コミュ力低くて、教養が無くて、世間が狭くて、見識も狭くて、経験値も低くて・・・

自尊心の低下の一方で
劣等感が増幅していくという、
人格が歪むために十分な、反比例してはいけない要素が順調に反比例したのです。

 

大学生、そして社会人にもなると
もう劣等感とコンプレックスの
甲冑を装備したような人間の出来上がりです。

 

社会人になってからは、人といつも一緒にいることが
苦痛で苦痛で仕方がなかった記憶が鮮明にあります。
(仕事なので仕方がないのですが)

 

この頃になると人生で初めて
ビジネス書というものを読むようになったのですが、
漢字が読めなさすぎて、1ページ読むのに
10分くらい掛かってたような記憶があります。

読めない漢字が多すぎて、しまいには
雰囲気で読んでいくような感じです。

 

2年間のサラリーマン生活でも
なぜか自分だけは浮いているような感覚でしたし、
コミュ力低かったので、うまく馴染むことも出来ませんでした。

最終的には、逃げるようにして辞めた・・・
というのが正直なところです。

 

会社を辞めた時は
「自分でお金を稼ぐ力を付けないと・・・」
っていう、焦るような、追い込まれたような、
どうにかしないとイケないっていう
気持ちがとても強かったことを覚えています。

 

何かに挑戦しなければただのクズで人生が終わってしまう・・・
というような感覚です。

 

なので、世間一般の無いないづくしで起業して
成功していった人たちというのはいっぱいいますが、
そのレベルが比じゃないくらいに
根本的に良く無かったと思っています。

 

それに、何か目的を達成したい!というような
決してカッコいい起業では無く、
現状から逃れるようにして起業したわけですから。

現状回避のため。

 

信じられないかもしれませんが、こんな感じで
ほんとに満場一致で
ダメダメ人間って思われるくらいのタイプの人間が
起業したってところです。

 

ビジネスを知っているどころか
世の中にどんな仕事があるのかさえも知らないし、
世の中のお金の流れも、会社の仕組みも知らない。

 

それでも、今となっては
1年のうち3,4か月働かなくても
年商3,000万円を稼ぐことが出来る生活に変化しました。

 

育った環境が良くなかったので、反骨精神が養われたので
幸運と言えば幸運かもしれません。

 

ぼくの中で人生をより良くするには
自分が成長するしかないと強く思っています。

 

成長というのは、つまるところ、挑戦ですね。

 

挑戦することで自分が成長する。
今までの自分よりも精神的に強くなる。

そして、成長することでお金も稼げるようになる。
成長した分だけ、稼げる金額も大きくなる。

挑戦すると、また挑戦したくなる。

 

挑戦すればするだけ、経済的にはもちろん、精神的にも、ひいては対人関係も、時間も、場所も自由になるという具合。

好循環のループになるわけです。

 

そして、このブログのコンセプトは

  • 挑戦
  • 成長
  • お金
  • 自由

をテーマにしています。

 

人生をより豊かにするために、
全ての根源は小さな挑戦から始まる。

それが結果的に大きな変化に繋がって
お金も稼げるようになる。
ということ。

 

こういった思いで運営していきます。

その上でこのブログを読んで頂ければ嬉しく思います。

 

そして、これまでのぼくの経験や感じたことを
どんどん書いていこうと思うので、
成長しながらお金を稼ぎたいっていう人は
一緒に世界を広げていければ嬉しいなと思います。

 

ぜひ、興味のある記事から
どんどん読んでいただきたいと思います。

 

ぼくがこのような活動をする上で
ぼくの過去の話を共有しておくと
より伝えたいことが分かるようになると思うし、
良い刺激にもなると思います。

 

なので、ここから先にぼくの過去の物語を
もう少しばかり共有していこうと思います。

 



 結果が出せなくてウズウズしている

起業難民のあなたへ緊急のご案内

スキル・経験まったく無しだったにも関わらず、初月から月100万、初年度3,600万を達成した  勝ち組になるための弱者が逆転した起業法を今すぐチェックして下さい!

小資金から始める【無店舗型】
出張買取リサイクルショップ
で勝ち組になるための
起業の教科書をプレゼント

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください