古物許可証を個人で取る場合の取得申請方法とメリットについて

古物許可証個人で取る場合の申請方法と取得するメリットについてまとめておきます。

動画も撮ったので参考にして下さい。

取り方は全然難しいものではないんで、リサイクルショップでもやろうかな?古物商として古物市場仕入れ、ネット転売なんかをやろうかなって考えている方は参考にしてください。

 

今はリサイクル業界は盛り上がってますからね。

古物商、リサイクルショップを開業して稼ぐつもりならささっと取っちゃって早く稼ぎましょう。

 

とりあえず動画を撮ったので載せておきますね。

 

 

古物許可証について

 

中古の物を売買したり商いすることを古物商と言い、古物商になるには古物許可証が必要です。

 

古物許可証は営業所の所在地、または個人の場合は自宅を管轄する警察署に届け出を出せば取得できます。

 

取得申請には19,000円が必要で、申請から取得までは1か月から2か月程度掛かります

 

もしも、無許可で古物商の営業をすると「懲役3年または100万円以下の罰金」が課せられてしまうので、古物商になるなら必ず取得しなければいけません。

 

古物の定義

一度でも使用された物品
使用されない物品で使用のために取引されたもの
これらいずれかの物品に「幾分の手入れ」をしたもの

 

とりあえず、中古のモノを、私用として使うためではなく、転売を目的とするなら必ず必要になります。

また、取っておいて損をするものではないので、ちょっと手間は掛かりますが、起業独立して物販ビジネスをしよと思ってる方なら取っておいて損はないと思います。

 

ではでは、流れを簡単にまとめます。

 

古物商許可証の申請~取得までの流れ

 

古物許可証は届け出を出せば取得できるので、とても簡単に取得ができます。

 

①許可申請に必要な書類を集める警察署でもらう

・許可申請書 正副2通
・略歴書
・誓約書

②市役所でもらう

・住民票
・身分証明書

③法務局でもらう

・登記されていないことの証明書

④最寄りの警察署の生活安全課に届け出を出す

 

という感じです。

特に難しいことはないんですが、まず最初に警察署で必要書類をもらう&記入すること。

そして市役所で必要書類をもらう。

住民票も身分証明書も数百円払えばもらえます。

 

法務局は行く機会がまず無いと思うので、どこに行ったら良いのかさえも解らない人も多いと思いますが、市役所なんかと同じように係の看板のようなものが出ているので、そこへ行って必要書類を取得します。

そして、それらを警察署に届けるだけです。

 

許可申請に必要な書類 ①許可申請書(ネット上からダウンロードできます)

 

古物許可証の申請については全国共通とされているので、警視庁ホームページからダウンロードすれば警察署に取りに行く手間が省けます。

ただし、一度問い合わせして確認するよにして下さいね。

 

古物商許可申請書のダウンロードはこちら(警視庁ホームページ)

 

古物を取り扱う区分を決める

 

古物を扱うにしても取り扱いの区分があるので、古物許可証を取得申請する際には何を取り扱うか選択する必要があります。

区分は以下の13種類に分かれています。

 

  • 美術品類
  • 衣類
  • 時計・宝飾品類
  • 自動車
  • 自動二輪車及び原動機付き自転車
  • 写真機類
  • 事務機器類
  • 機械工具類
  • 道具類
  • 皮革・ゴム製品類
  • 書籍
  • 金券類

 

申請書の1枚目では、13種類の中から主として扱う区分を1つだけを選択します。

 

これは警察に「私は中古車を扱いますよ」とか「私は美術品を扱いますよ」とか「私は時計や宝飾品を扱いますよ」ということを申請しなければいけないわけですが、あくまでも最初に考えられる項目だけを選択しておけば良いです。

 

ぼくみたいな総合リサイクルショップでやる場合は「道具類」で問題ないと思います。

 

その後、もしかしたら取り扱い商品が変わることがあったとしても、申請をし直さないといけないかというとそうではありません。

厳密には届けた方が良いのでしょうが、警察に突っ込まれることはまずないでしょう。

 

2枚目では取り扱うことが考えられる区分を全て選択します

 

ただし、リサイクルショップであれば色々な商品を扱うことがほとんどだと思うので、リサイクルショップの場合は上記の中から複数を選択しておけば良いですね。

 

ぼく自身、最初は中古車を扱うということで古物許可証の取得申請をしたのですが、その後は自転車も取り扱いましたし、今はリサイクルショップなので13種類のほとんどの物を取り扱っています。

 

ということで、取得申請の際はこの区分でやってみようかな、という程度で問題ないと思います。

 

許可申請に必要な書類 ②略歴書(ネット上からダウンロードできます)

 

略歴書も管轄の警察署のホームページから様式をダウンロードすることができます。

こんな感じのものです。↓

 

許可申請に必要な書類 ③誓約書(ネット上からダウンロードできます)

誓約書も管轄の警察署のホームページから様式をダウンロードすることができます。

こんな感じのものです。↓

 

 

 

以上の許可申請書、略歴書、誓約書については各都道府県または警視庁ホームページからダウンロードして記載するものです。

 

あとは、

②市役所でもらう

・住民票
・身分証明書

③法務局でもらう

・登記されていないことの証明書

④最寄りの警察署の生活安全課に届け出を出す

 

もしかしたら、略歴書、誓約書については各都道府県によって様式が異なるかもしれないので、最寄りの警察署のホームページで一度確認してください。

 

以上が古物許可証の取得申請の流れになります。

 

古物許可証を個人の人が取得しておくメリット

 

古物許可証ってほんとあると便利です。

ぼくは24歳で起業して、25歳で中古車輸出し始めた時に古物許可証を取得したんですが、それから5年くらい中古品扱ってたんですが、それからは2年くらいは扱ってなかったんですね。

 

この仕事を始める前までの2年くらいですね。

 

それで、借金生活から抜け出したタイミングでこの仕事を始めることになったんですが、古物許可証があったおかげですぐに始めることが出来ましたし、結果として、初月から利益で100万円を稼ぐことが出来ました。

 

なので、何かあった時にはほんと役立つって思います。

 

たとえ話ですが・・・

 

たとえば、

 

・サラリーマンか他のビジネスしてたとして、

・とりあえず起業独立とか、自分で稼いでいく意思があって、

・リサイクルショップをやる知識とかが無いとして、

・キャッシュフローのいい物販ビジネスに興味があって、

・とりあえず何かやろー!!ってマインドがあって、

 

っていう状態だったら、とりあえず今成長市場にあるリサイクルリユース業界に目を付けるのは当然だと思うんですね。

それで、リサイクルショップなんかに通ったりしてたら、

 

「中古品買ってネット販売したら意外と差額ぬけるんじゃねぇ・・!?」

 

って思うと思うんですよ。

実際にジャンク品とか買って、アマゾン転売してる人とかいるし・・・・。

もしかしたら、自分でも出来るんじゃないかな~って思うと思うんですよね。

 

それで、実際にやってみよってなって、実際にやる・・・

でも最初は上手くいかないんですよね。

自分で何かやる時って言うのは・・・!

 

それで、その時はとりあえずあえなく撃沈されたとしても、、

そのうちそういうメンタルの人は黙っててもまた何かやろっかなぁなんて思い始めるんですよね。

 

「あれ??もしかしてメルカリとかでもイケるんじゃねぇ???」

 

ってなったりすると思うんですよ。

 

それで、仮にまた上手くいかなかなかったとしても、中古品に対して稼げるイメージはあるわけじゃないですか。

なので、そうなってくると、

 

「今度はどういうところで仕入れたら良いかなぁ??」

 

ってなると思うんですよね。

たとえば、古物市場に通ったりするのも良いだろうし、ぼくみたいに出張買取りのリサイクルショップなんかをやろうとするのでも良い。

 

こういう風になった時に、もしも古物許可証があったら、古物許可証に後光が差したように見えると思うんですね。

 

ぼくも実際にこの出張買取リサイクルショップを始めるタイミングの時って、後光がさしてました、古物許可証くんが。笑

 

「うぉーーーあるある、すぐ始めれるわーー!!ありがとう古物許可証くんっ!!!」って。笑

 

なので、とりあえず、チャレンジ精神があって自分でお金を稼ぎたいなら取っておいて損はないと思います。

上手くいかないことがあって、しばらく離れたとしても、また使える時が来るかもしれないですし。

 

まだ何するか決まってないって人はとりあえず、リサイクルショップ巡りとかしたり、メルカリ・ヤフオク転売とか考えたり、って言う感じでパワーアップしていくと良いんじゃないかって思います。

オークファンなんか使ったりして。

結構がっつり稼ぎたい人は、出張買取リサイクルショップはおすすめ!

 

とりあえず今日はこのあたりで。

ささっと取っておけばいつか役に立つ。

自分で稼ぎたいなら、強い相棒になる。って感じです。

 



 結果が出せなくてウズウズしている

起業難民のあなたへ緊急のご案内

スキル・経験まったく無しだったにも関わらず、初月から月100万、初年度3,600万を達成した  勝ち組になるための弱者が逆転した起業法を今すぐチェックして下さい!

小資金から始める【無店舗型】
出張買取リサイクルショップ
で勝ち組になるための
起業の教科書をプレゼント

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください